メニュー閉じる

開発途上国はどんな環境問題をかかえているの?

開発途上国はどんな環境問題をかかえているの?

開発途上国の多くは、少し前まで先進国の植民地だった。植民地とは外国によって支配される地域のこと。

開発途上国では植民地時代、コーヒーやたばこ、綿花など先進国の人が使う農作物を作るために、森林を切り開いていった。そして今、それらの土地が砂漠化してしまい、問題になっている。

現在も先進国によって多くの自動車や電子部品工場が建てられている。働く人の賃金が安いため、自分の国ではなく、わざわざ開発途上国に工場をつくるんだ。工場を建てるためにさらに森林を切りひらく。そして工場から出る有害な化学物質によって水や土が汚れたり、人間だけでなく野生の動植物たちに害をあたえたりしている。下水設備などが整っていないため不衛生で、病気になる人たちも多い。開発途上国で起きている環境問題は、多くが先進国にその責任がある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP