石炭や石油は、いつごろどのようにしてできたのですか?

石炭や石油は、いつごろどのようにしてできたのですか?

石炭は、大むかしの植物からできたことがわかっている。古いものでは、今から3億5000万年くらい前、新しいものでは5000万年くらい前の植物だ。

植物がたおれて土砂にうもれると、微生物などのはたらきによって、くさって粉々になる。そして石炭のおもな成分である炭素が濃くなっていったんだ。これがさらに、地面の下で熱や圧力を受けて長い年月の間に石炭に変わっていったと考えられているよ。日本の炭坑は約2000万?7000万年前の地層にあるものが多い。

石油がどうしてできたかについては、いろいろな説があるんだけど、広く受け入れられているのは、バクテリアやプランクトンの死がいからできたというものだよ。プランクトンの死がいが海底に積もると、やがてケロジェンというものができる。これが地中の熱や圧力によって分解して、石油ができたというんだ。

PAGETOP