これまでに原子力発電所で大きな事故が起こったことはありますか?

これまでに原子力発電所で大きな事故が起こったことはありますか?

1986年4月26日、旧ソ連のウクライナ共和国にある「チェルノブイリ原子力発電所」で大きな事故が起こった。このとき、原子炉の中で爆発が起こって、とても危険な放射性物質が外にまき散らされた。

放射性物質はまわりの地域を汚染しただけじゃなくて、風に乗って何百kmもはなれたヨーロッパの各地を汚染した。約8,000kmはなれた日本でも、野菜・水・母乳などから放射能が検出されたんだ。

この事故により多数の人が亡くなった。その影響はあとあとまで続き、1990年ごろからこどもたちの間で甲状腺ガンが急増するなど、今も後遺症に苦しんでいる人たちがいるんだ。

放射性物質は、何十年、何百年、ものによっては何万年たってもこわれないで、目に見えない毒を出しつづける。そのため、チェルノブイリ発電所の近くに住んでいた人たちは、よその土地へ移り住まなければならなくなった。そういう人たちの数は何十万にものぼるんだけど、しばらくして危険を承知で元の土地にもどってきた人もいる。この事故で放射性物質を浴びて、重い病気に苦しんでいる人もたくさんいる。これが原子力発電所の事故としてはいちばん大きなもの。日本では1999年、茨城県の東海村で死者二人を出す原子力事故が起きている。

PAGETOP