エコカーとはどんな車ですか?

エコカーとはどんな車ですか?

現在、主流であるガソリン車は、環境にあまりよろしくない。排気ガスは光化学スモッグなどを招くし、ちっ素酸化物やイオウ酸化物などは大気を汚している。

また、ガソリンを使うことで二酸化炭素を出し、温暖化を進めてしまう。そこで環境にやさしい車として登場したのが、ハイブリッドカーや電気自動車などのエコカーだ。

エコは「エコロジー」の略で、地球環境を改善しようとする行動や意識のこと。電気自動車とはガソリンを使わず電気エネルギーで動く車。排気ガスをまったく出さず、騒音も少ない。ガソリンを使わないので二酸化炭素の排出が低いのが特長だ。鉛電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池などの電池を動力にする。

ハイブリッドカーはエンジンとモーターを両方積んだ車。電気自動車と似ているが、電池だけでなく必要に応じてエンジンで走行もできる。これまでのガソリン車に比べてガソリンの量も少なくてすむ。最近は電気自動車やハイブリッドカー用の、高性能リチウムイオン電池などの研究が進み、ほとんどの自動車メーカーが2010年の実用化に向けて開発を進めているよ。

PAGETOP