燃料電池とはどんな電池ですか?

燃料電池とはどんな電池ですか?

燃料電池とは水素を用いて電気を作るシステムのこと。

水に電気を流して水素と酸素を発生させる水の電気分解と逆の原理を利用して、燃料電池は発電する、。これまでの火力や水力発電では燃料を使ってタービンを回して電気を作っていたが、燃料電池は化学反応することで直接電気が生まれ、発電するときには水しか出ない。二酸化炭素や大気汚染物質を出さない、環境にやさしい発電システムとして実用化に向けた研究が進められている。

燃料電池は1801年にイギリスのハンフリー・ディヴィーが原理を発見、1952年にはフランシス・ベーコンが発電用の燃料電池の開発に成功したが当時はあまり注目されなかった。その後、宇宙船の電源として使われていたが、ここにきて一般の生活に使えるクリーンエネルギーとして注目を集めているんだ。

PAGETOP