エコカーにはどんな種類があるの?

エコカーにはどんな種類があるの?

エコカーは大きく分けて下のような種類がある。

電気自動車=ガソリンを使わずに電気エネルギーで動く車。排気ガスをまったく出さず、騒音も少ない。鉛電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池などに蓄えられた電気を動力にする。

ハイブリッドカー=エンジンとモーターを両方積んだ車。状況に応じて使い分けたり組み合わせるなどして、少ない燃料で効率的に走らせることができる。そのため排気ガスにふくまれるちっ素酸化物や二酸化炭素の量も大幅に減る。ハイブリッドカーの電気はモーターで発電するが、最近は家庭用のコンセントでも充電できるプラグインハイブリッドの開発もさかんだ。

天然ガス自動車=天然ガスを燃料とする車。硫黄分などの不純物をふくまないためクリーンなエネルギーで走る。黒煙も出さず、ちっ素酸化物や二酸化炭素の排出も少ない。

メタノール自動車=天然ガスや石炭から作ることができるメタノールを燃料とした車。メタノールは生ゴミや植物を原料としたバイオマスから作ることもできる。排気ガスに黒煙がほとんどふくまれない。

燃料電池自動車=燃料電池で発電してモーターをまわして走る車。
燃料電池は水素を用いて電気を作るシステム。排出ガスは水蒸気だけで、有害物質はまったく出ない。次世代のクリーンエネルギーとして注目されている。

日本では2020年までには発売する新車の半分をこのようなエコカーにすることを目指している。そのために電池の充電やガスを補充する施設などを整備したり、価格もなるべく安くなるように技術の開発を進めているんだ。

PAGETOP