メニュー閉じる

環境税とは何ですか?

環境税とは何ですか?

電気やガス、石油など、地球の環境をよごすものに対してかける税金を「環境税」という。税金をつけることで価格が上がり、人びとが節約をしようとすることがねらいで、集められた税金は環境を守るために使われる。

ヨーロッパでは1990年ごろから取り組みが始まっている。スェーデンは炭素税、オランダは 一般燃料税、イギリスは気候変動税、ドイツは 鉱油-電気税などと呼ばれている。めずらしいのはニュージーランドで、牛や羊などの家畜1頭ごとに税金が課せられているんだ。家畜が出すゲップには二酸化炭素やメタンガスがふくまれていて、温暖化を進めてしまう。世界中の牛たちのゲップから出たメタンガスは、大気中の全メタンガスの25%にもなるといわれている。人口の十倍もの数の羊や牛を飼っているニュージーランドならではの税金だね。

日本でも環境税は検討されているが、税金を新しく作るのはなかなかむずかしくまだ導入はされていない。

PAGETOP