イタイイタイ病って、どんな病気ですか?

イタイイタイ病って、どんな病気ですか?

イタイイタイ病というのは公害病のひとつ。昭和20年代を中心に富山県の神通川にそった地域でたくさんの人がかかった。

40才以上の子どもを産んだことのある女の人がかかりやすく、腎臓が悪くなったり、骨がもろくなったりした。患者さんは体じゅうがはげしくいたんで「いたい、いたい」と言ったところから、この名前がつけられた。

この病気の原因は、神通川の上流にある三井金属神岡鉱業所という鉱山から流れ出た、カドミウムという金属とわかった。カドミウムは飲み水にまじったり、農地にたまってそこにできた作物にたまり、この水や食べ物をとり続けた人たちが中毒症を起こしたんだ。

PAGETOP