メニュー閉じる

新型コロナウイルスについて調べよう

新型コロナウイルスについて調べよう

世界的に注目されている新型(しんがた)コロナウイルス。毎日のニュースでも話題で、学校が臨時(りんじ)休校になるなど、身近な問題にもなっているよね。新型コロナウイルスはどういうものなのか調べてみよう。

そもそもウイルスって何?

ウイルスは、目に見えないほど小さい。たくさん種類があって、ヒトや動物に感染(かんせん)して、病気を引き起こす原因(げんいん)になる。細菌(さいきん)も小さく、病気を起こす原因になるが、細菌とウイルスはちがうものだ。

ウイルスの最大の特徴(とくちょう)は、自分自身では増(ふ)えることができないということ。ほかの生物の細胞(さいぼう)に入りこんで、その細胞の中にある物質(ぶっしつ)を利用して増えていく。そして、体内でどんどんウイルスが増えていくと、さまざまな病気の症状(しょうじょう)が現(あらわ)れる。

ウイルスが体に入りこんでくる経路(けいろ)はいくつかある。空気中に浮(う)かんでいるウイルスを吸(す)いこんで感染(かんせん)する「空気感染」、せきやくしゃみで飛びちったしぶきを直接(ちょくせつ)吸いこんで感染する「飛沫(ひまつ)感染」、ドアノブやスイッチ、ボタンや便座の表面についたウイルスにさわって感染する「接触(せっしょく)感染」などだ。

よく知られているウイルスのひとつにインフルエンザウイルスがある。インフルエンザは飛沫感染することが多いと言われている。

インフルエンザウイルスが体内で増えると、38℃以上の発熱、頭痛(ずつう)や関節痛(かんせつつう)、のどの痛(いた)みや鼻水、くしゃみ、せきなどの症状が現れる。

インフルエンザを発症(はっしょう)すると、だいたいは1週間程度で回復するけれど、中には肺炎(はいえん)や脳症(のうしょう)などの合併症(がっぺいしょう)を引き起こすことがある。

インフルエンザは、予防接種(よぼうせっしゅ)を受けることで症状が出る可能性(かのうせい)を減(へ)らすことができるし、重症にならないよう予防することが期待できる。また、発症から48時間以内に抗(こう)インフルエンザウイルス薬の服用を始めることで、症状をやわらげることができる。

このように、予防接種や治療薬(ちりょうやく)があるウイルスもある。では、新型コロナウイルスはどうだろう。

 

新型コロナウイルスがこわいのはなぜ?

コロナウイルスにはいくつか種類があり、多くの国で感染が広がっているのは、新しく見つかった新型コロナウイルスだ。発症すると、発熱やせき、だるさ、息切れ、のどの痛み、頭痛、肺炎などが引き起こされる。

インフルエンザウイルスとちがうのは、いまのところ(2020年3月11日現在)予防接種も治療薬もないところだ。

新型コロナウイルスは、飛沫感染や接触感染をすると考えられている。

新型コロナウイルスは、小学生が感染しても、ほとんどの場合は症状が重くならないと言われている。でも、高齢者(こうれいしゃ)やもともと病気を持っている人が感染すると、症状が重くなり、命に関わることもある。だから、自分のことはもちろん、家族や周りの人たちが感染しないようにすることが大切だ。

 

監修/土田 隆(よこはま土田メディカルクリニック院長)

 

写真:国立感染症研究所提供「国立感染症研究所で分離に成功した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真」

PAGETOP