メニュー閉じる

新型コロナウイルスなどの感染を広げないためには?

新型コロナウイルスなどの感染を広げないためには?

毎日のニュースでも話題になっている新型(しんがた)コロナウイルス。自分が感染(かんせん)したり、他の人にうつしたりしないためのポイントを知っておこう。

石けんで手を洗う

まずは外から帰ったら、石けんを使ってていねいに手洗(てあら)いすること。手についたウイルスを洗い流して、家などに持ちこまないようにしよう。

 

除菌シートなどで手指をきれいにする

新型コロナウイルスはアルコール消毒(しょうどく)に弱いことがわかっている。アルコール濃度60%以上の高濃度のアルコールがすすめられているので、手指消毒用の除菌(じょきん)スプレーや除菌シートを選ぶときは、アルコール濃度を確認(かくにん)しよう。

ドアノブなどを除菌シートでふく

家庭内での感染を防ぐために、家族がよくさわるスイッチやドアノブ、トイレなどの除菌をしておくとよい。

アルコール消毒はアルコールが蒸発(じょうはつ)すると効果(こうか)が減(へ)ってしまう。そこで、消毒面を銀イオンがおおい、効果が持続する、銀系(ぎんけい)抗菌剤(こうきんざい)がふくまれた製品もある。

マスクをつける

ウイルスにふれる機会が増(ふ)えるので、たくさんの人が集まる場所、特に風通しが悪い場所などにはできるだけ行かないようにするのも大切だ。

自分で気づかないうちに、ウイルスが体に入りこんでいることもある。せきやくしゃみが出るときは、マスクをつけるか、口や鼻をハンカチなどでおおって、ウイルスが飛び散らないようにしよう。

マスクは基本的(きほんてき)には、症状(しょうじょう)のある人がして、飛沫感染(ひまつかんせん)で他の人にうつさないためのもの。ただ、健康な人がマスクをすることで、ウイルスがついた手で鼻や口をさわることで接触感染(せっしょくかんせん)するのを防(ふせ)ぐ効果(こうか)はあると考えられる。マスクをすれば万全ということはないと覚えておこう。

発熱や鼻水、せきがあったら、ただのかぜだと考えず、外出せず家でゆっくり休もう。

ひとりひとりが「うつらない、うつさない」行動を心がけて、新型コロナウイルスの感染を広げないようにしよう。

 

監修/土田 隆(よこはま土田メディカルクリニック院長)

 

PAGETOP