メニュー閉じる

韓国と日本は、どんな結びつきをもっているの?

韓国と日本は、どんな結びつきをもっているの?

こたえ:貿易での結びつきが中心ですが、文化での結びつきも強くなってきています。

日本と朝鮮(ちょうせん)半島 は距離(きょり)が近いので、古くからいろいろな結びつきをもっていました。47世紀には大和政権(やまとせいけん)が朝鮮半島に進出し、16世紀末には豊臣秀吉(とよとみひでよし)が朝鮮半島に出兵しました。江戸時代には、朝鮮通信使という使節が日本へ来ました。 19101945年には、日本が韓国を併合(へいごう)して、日本の植民地にしました。

今の韓国は、1948年に朝鮮半島の南部にできた大韓民国(だいかんみんこく)のことです。日本と韓国の間で正式な国交が始まったのは、「日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約」が結ばれた1965年です。日本海に浮かぶ竹島(たけしま)については、両国とも「自国の領土だ」と主張しています。 

貿易での結びつき 

 日本にとって韓国は、輸出で第3位、輸入で第4位の貿易相手国です(2019年)1。日本から韓国へは、半導体(はんどうたい)や半導体製造装置(せいぞうそうち)、鉄鋼板、プラスチック製品、精密(せいみつ)化学原料などを輸出し、韓国から日本へは、石油製品や鉄鋼板、半導体、精密化学原料、プラスチック製品などを輸入しています。 

 輸出と輸入の品目に同じものが多いのは、日本と韓国の産業構造が似ているためです2。産業構造とは、その国が「どのような産業によって成り立っているか」を表す言葉。日本も韓国も、半導体をはじめとする電子部品産業や、自動車産業が大きな割合(わりあい)を占めています。ただし、たとえば半導体では、日本が自動車向け半導体や大きな電流・電圧を扱える「パワー半導体」などに強みをもつ一方、韓国は「メモリー」と呼ばれる記憶装置(きおくそうち)で高いシェアをもちます。このように、同じ品目でも得意とする分野がちがうので、お互いに輸出したり輸入したりしているのです。

文化での結びつき 

 古くから、中国を中心とする大陸の文化が、主に朝鮮半島を通って日本に伝わってきました。秀吉の朝鮮出兵のときには、朝鮮から連れてきた陶工(とうこう)が、 磁器(じき)をつくる技術を伝えました。

 しかし、今の韓国には、日本に支配されていた時代の悪い思い出から、日本の文化が入ってくるのをきらう人が、たくさんいます。 その人たちへの気配りから、長い間、日本語の映画・歌・漫画(まんが)などが許可されなかったのです。けれども、今では韓国も、これらの日本の大衆文化(たいしゅうぶんか)を受け入れ始めています。日本でも、「K-POP」とよばれる音楽やドラマが人気を集めています。

記事公開:2021年10月

参考資料

1)財務省「貿易統計」:

https://www.customs.go.jp/toukei/suii/html/time_latest.htm

2)外務省「大韓民国基礎データ」:

https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/korea/data.html#section6

監修者:大山光晴

1957年東京都生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。高等学校の物理教諭、千葉県教育委員会指導主事、千葉県立長生高等学校校長等を経て、現在、秀明大学学校教師学部教授として「理数探究」や「総合的な学習の時間」の指導方法について講義・演習を担当している。科学実験教室やテレビの実験番組等への出演も多数。千葉市科学館プロジェクト・アドバイザー、日本物理教育学会常務理事、日本科学教育学会及び日本理科教育学会会員、月刊『理科の教育』編集委員等も務める。

PAGETOP