メニュー閉じる

アメリカと日本は、どんな結びつきをもっているの?

アメリカと日本は、どんな結びつきをもっているの?

こたえ:経済・文化・政治・軍事など広い分野で、強い結びつきをもっています。

日本とアメリカ合衆国(アメリカ)の正式な国交は、1854年に「日米和親条約」が結ばれてから始まりました。19411945年には、太平洋戦争がありました。

経済での結びつき 

 日本にとってアメリカは、輸出で第1位、輸入で第2位の貿易相手国です(2019年)1。一方、アメリカにとって日本は、輸出・輸入ともに第4位の貿易相手国です(2018年)2。日本からアメリカへは、自動車や自動車部品、原動機(げんどうき、エンジン)、半導体(はんどうたい)製造装置、建設・鉱山(こうざん)用機械などを多く輸出しており、アメリカから日本へは、原動機や航空機(こうくうき)類、医薬品(いやくひん)、科学光学機器、肉類などを輸入しています。

 アメリカに進出する日本の企業も、日本に進出するアメリカの企業も、たくさんあります。アメリカに進出している日本企業は、6700社以上(2020年)3。最も多いのは、自動車部品や工作機械、医薬品などをつくる「製造(せいぞう)業」です。そのほかに、電気機器や精密機器、自動車部品などを日本のメーカーから仕入れてアメリカの小売企業に売る「卸売(おろしうり)業」も多く、アメリカでソフトウエアや人工知能(AI)の開発などを手がける日本企業の数も増えています。

 文化・観光での結びつき 

 日本には、アメリカの文学・映画・音楽などの文化がたくさん入ってきています。 たとえば、ハンバーガーやホットドッグ、コーラ、ジーンズは、アメリカから入ってきたものです。アメリカでは、日本のテレビアニメが人気です。和食も人気があり、すし店やラーメン店のほか、カップめんやしょうゆを売っている店もあります。また、アメリカに行く日本人観光客も、 日本に来るアメリカ人観光客も、たくさんいます。

 政治・軍事での結びつき 

 日本には、アメリカ軍の施設・区域が78カ所あります(2021年)4*。その総面積は約263km2で、そのうち約70%が沖縄県にあります。これらの施設は、1951年に調印され、1960年に改定された「日米安全保障条約(にちべいあんぜんほしょうじょうやく)」にもとづいて置かれているもので、極東(日本や中国、朝鮮半島、台湾、シベリア東端)の平和を守ることを目的としています。

 

* 日米地位協定にもとづき、アメリカ軍が使用している「在日米軍施設・区域(専用施設)」の面積です。アメリカ側が管理し、自衛隊も使用する区域をふくみます。このほか日本には、日米地位協定にもとづき、アメリカ軍が一時的に使用できる施設(自衛隊の基地など)もあります。

 

記事公開:2021年10月

参考資料

1)財務省貿易統計:

https://www.customs.go.jp/toukei/suii/html/time_latest.htm

2)日本貿易会「日本の主な貿易相手」『JFTC きっずサイト』:

https://www.jftc.or.jp/kids/kids_news/japan/country/US.html

3)帝国データバンク「米国に進出している日本企業、全国に6702 4年前から約100社減少.20201113

4)防衛省「在日米軍施設・区域(専用施設)面積」:

https://www.mod.go.jp/j/approach/zaibeigun/us_sisetsu/pdf/menseki.pdf

監修者:大山光晴

1957年東京都生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。高等学校の物理教諭、千葉県教育委員会指導主事、千葉県立長生高等学校校長等を経て、現在、秀明大学学校教師学部教授として「理数探究」や「総合的な学習の時間」の指導方法について講義・演習を担当している。科学実験教室やテレビの実験番組等への出演も多数。千葉市科学館プロジェクト・アドバイザー、日本物理教育学会常務理事、日本科学教育学会及び日本理科教育学会会員、月刊『理科の教育』編集委員等も務める。

PAGETOP