メニュー閉じる

どうしてあくびをするとなみだがでるの

どうしてあくびをするとなみだがでるの

なぜ、あくびをするとなみだがでるのか、その理由(りゆう)は、あくびをしたときの動作(どうさ)(なか)にかくされています。

あくびをするときは、(おお)きく(くち)をあけたり、()(つよ)くつむったりしますよね。(ひと)によって(うご)きはさまざまですが、とにかく、(かお)筋肉(きんにく)(おも)いきりのばしたりちぢめたりしています。

ふつう、()(たま)(うえ)にある涙腺(るいせん)という場所(ばしょ)でつくられたなみだは、()をうるおすという役割(やくわり)()たしたあと、(はな)()(あいだ)にあるなみだのふくろ((るい)のう)に一時的(いちじてき)にためられ、やがて(はな)のほうに(なが)れていきます。

ところが、あくびによって(かお)筋肉(きんにく)(おお)きく(うご)かされると、このなみだのたまったふくろが刺激(しげき)され、しぼり()されるようにしてなみだが()てくるのです。

監修者:石岡みさき

みさき眼科クリニック院長。眼科専門医・医学博士。横浜市立大学医学部卒業。日本医師会会員、日本眼科医会会員、日本角膜学会会員。大学卒業後、同大学病院にて二年間研修ののち、眼科大学院にてぶどう膜炎について学ぶ。その後、アメリカ、ハーバード大学に留学し、眼の免疫の研究に従事。帰国後、角膜、前眼部疾患について学ぶ。平成20年、現在のクリニックを開業。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP