メニュー閉じる

どうしてうんちがでるの

どうしてうんちがでるの

うんちがでる一番の理由は、ものを食べるからです。 うんちは、食べたものが形をかえたものなのです。

人間の体の中には1本の長いトンネルがあります。 人間は口からおしりの穴(あな)まで、長い、1本のトンネルでつながっているのです。 このトンネルの長さは、大人だとおよそ8mくらいあります。 食べ物は、この8mのトンネルの中を通る間に、だんだんうんちにかわっていくのです。 このトンネルの名前は、消化管(しょうかかん)といいます。
食べ物は、口から入るとまず歯でかまれます。それから、のどのところを通って、体の中にのみこまれます。 そして、食道を通り、一番初めに入るのが胃(い)です。 ここは少し広いふくろのようになった部分で、ここでは胃液(いえき)が出されます。食べ物は、胃液がものをとかす働きによってとかされ、どろどろになるのです。
それから、また細いトンネルを通ります。 今度は、ちょうどおなかのあたりの、ぐるぐるうずをまいた、迷路(めいろ)みたいなトンネルです。 食べ物は、この長いトンネルを進んでいくうちに、だんだんやわらかく小さくなっていきます。 そして、体の中に栄養(えいよう)がすいこまれていくのです。
ここまできても、まだしぶとくのこっているものがあります。 そののこったものが、先へ先へどんどん送られていきます。 そして、最後の最後にのこったものが、おしりから外にすてられてしまうのです。 このおしりからすてられたものが、うんちです。
おうちの方へ
大人の消化管の長さは平均約8m。 そのうち約6mが小腸の長さです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP