メニュー閉じる

どうしてうんちはくさいの

どうしてうんちはくさいの

おなかのあたりをさわってみると、とてもやわらかいことに気づきますね。 じつは、この中に、大腸(だいちょう)とよばれるおなかの中をぐるりと一周する長いトンネルがあるのです。

この大腸は、食べ物の中から、水をすい取る役目をしています。 大腸の中には、バクテリアという、とても小さな生き物がすみついています。 このバクテリアのえさが、人間の口から食べた食べ物ののこりかすなのです。
バクテリアたちは、消化酵素(しょうかこうそ)という薬のようなものを使って、食べ物のかすをバラバラにします。 そして、そのバラバラにした食べ物のかすを栄養(えいよう)にしてふえていくのです。 このバクテリアが食べ物をバラバラにするときに、くさいにおいのもとが生まれます。 インドール、スカトール、メルカプタンなどという名前のガスです。 これが、うんちとまざっておしりから出てくるために、うんちはくさいのです。

PAGETOP