メニュー閉じる

どうしておしっこがでるの

どうしておしっこがでるの

人間は、毎日、毎日、いろんなものを飲んでいます。 おしっこというのは、そのようにして飲んだ飲み物が、体の中を通って外にでてきたものなのです。

では、なぜ牛乳を飲んだときに、白いおしっこがでないのでしょうか? それは、体が飲み物の中に入っている栄養(えいよう)など、色のもととなるものをすいとってしまうからなのです。 つまり、飲んだものの中で、最後に、体に必要でなくなったものだけが、おしっことして外にすてられるわけです。
つまり、おしっこというのは、体がいらなくなった、水のゴミなのです。
ところで、もし、体の中のゴミがすてられなくなったとしたらどうなるでしょう? すると、体の中がゴミでいっぱいになって、体がうまく働かなくなってしまうのです。 そして、体がだんだん弱っていって、最後には死んでしまいます。 ですから、おしっこがでるというのは、体から水のゴミをだして、体をいつまでもきれいにしておくために必要なことなのです。

PAGETOP