メニュー閉じる

どうしておちんちんはあるの,男だけにあるの

どうしておちんちんはあるの,男だけにあるの

おちんちんには、ふたつの大切な役目があります。 ひとつは、おしっこをするときに必要であること、もうひとつは、大人になってお父さんになるときに、大事な仕事をするようになることです。

その大事な仕事とは、赤ちゃんを作ることです。 赤ちゃんを作るには、遺伝子(いでんし)というものが必要です。 遺伝子は、赤ちゃんの設計図のようなものですが、この1つの設計図を作るためには2つの遺伝子を半分ずつ合わせなければできません。 つまり、男性の体で作られた遺伝子と、女性の体で作られた遺伝子の両方が必要なのです。 おちんちんは、お父さんになるとき、遺伝子という設計図をのせて運ぶ、精子(せいし)というものを作るところです。 そして精子は、女性の体で作られた遺伝子のところまで男性の遺伝子を運ぶ働きをします。
女性は、遺伝子を運ぶ精子という乗り物を作る必要がないために、おちんちんもないのです。 そのかわり、女性は、卵を作るところと、その卵を育てるための部屋を体の中に持っているのです。

PAGETOP