メニュー閉じる

どうして人間は男と女にわかれているの

どうして人間は男と女にわかれているの

人間は男と女にわかれていますが、人間だけではなく、ほかのたくさんの動物もおすとめすにわかれています。 イヌやネコはもちろん、鳥や、ヘビ、カエル、魚や昆虫も、おすとめすにわかれています。

また植物も、お株とめ株にわかれていたり、お花とめ花があったり、ひとつの花におしべとめしべがあったりと、やはりおすとめすのようなものにわかれています。なぜ、このようにおすとめすにわかれているかというと、自分たちの子孫(しそん)をのこすのにつごうがいいからなのです。 生き物は、自分たちの仲間がいつまでも続いていくように、遺伝子(いでんし)というものを子供にわたしています。 遺伝子は、親の体の特徴(とくちょう)を子供につたえる設計図のような働きをしています。 親からこの設計図をもらった子供は、親と同じ動物になります。 人間から、まったく別の遺伝子をもつ動物、たとえばイヌの子供がうまれたりすることは絶対にないのです。ところがこの遺伝子は、ひとりの親から次のひとりの子供へ、そのまま受けつがれるわけではありません。 子供は、遺伝子をおすから半分、めすから半分もらうようになっています。 こうして、おすとめすの遺伝子、つまり設計図をまぜ合わせることで、親とはちがういろいろな特徴をもった子供ができるわけです。

PAGETOP