メニュー閉じる

どうしておなかがへるとおなかがなるの

どうしておなかがへるとおなかがなるの

おなかがなるときの音は、胃(い)や腸(ちょう)の中にある空気やガスが、胃の壁(かべ)や腸の壁の筋肉(きんにく)の運動で動かされて出る音だと考えられています。

物を食べると、胃や腸の中は、食べ物のかたまりでいっぱいになります。この食べ物のかたまりは、胃の中では、だいたい3時間から4時間くらいでからになります。からになったところを、壁の筋肉がゆり動かすために、音が出るのです。
また腸の場合は、食べ物を、細かく小さくするときに、ガスが出ます。このガスを、腸の壁が運動して動かすために音がするのです。
おうちの方へ
実は、おなかがすいたのと、おなかが鳴るのとは、全く関係はないのですが、おなかの鳴る時間と、次の食事の時間が、だいたい重なるために、おなかが鳴るのが、まるでおなかがすいたことの合図のように思えるのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP