メニュー閉じる

かみの毛はどうしてあるの

かみの毛はどうしてあるの

かみの毛がなぜあるか、これに答えられる人はまだ世界にだれもいません。 そのくらいむずかしい質問なのです。

もともと、人間の祖先(そせん)は、現在のサルのように、体中に毛が生えていたと考えられています。 しかし、なぜ頭以外の毛が、今のように細くて短いうぶげになってしまったのか、また反対に、なぜ頭にだけ太くて長い毛がのこったのか、どちらもまだはっきりした理由はわかっていないのです。
ですから、この理由は想像(そうぞう)することしかできません。 そこで、現在いわれている毛の役目から考えてみましょう。 ふつう言われている毛の役目には3つあります。 1つは、暑さ寒さ、傷(きず)などから体を守ること。 2つめは、男性と女性のちがいを目立たせること。 3つめは、体をかざることです。 かみの毛の存在(そんざい)を考えたとき、一番当てはまるのは1つめの体を守ることではないでしょうか。 なぜなら人間の頭は、体の中で最も大切な部分だからです。

PAGETOP