メニュー閉じる

人間の体の中はどうなっているの

人間の体の中はどうなっているの

人間は、口から食べ物を入れて体の中で消化した後、いらなくなったものをおしりから出します。 かんたんにいえば、口からおしりまでは、1本の管(くだ)でつながっているのです。

この1本の管のとちゅうに、胃(い)や腸(ちょう)があって食べ物をこなごなにくだいたり、食べ物の栄養(えいよう)をすいとったりしています。
しかし、人間を動かしていくためにはこの1本の管だけではなく、心楕しんぞう)、肺(はい)、肝楕かんぞう)、腎楕じんぞう)などたくさんの内楕ないぞう)のはたらきが必要です。 それに、体をささえるための骨、そしてそれを動かすための、筋肉(きんにく)がまた必要なのです。
人間は、熱い、冷たい、いたいなどを感じることができます。これは神経(しんけい)があるためで、体中のあらゆるところの神経が脳(のう)につながっているからです。
こういう体のつくりは、イヌやネコ、ウシやウマもほとんど人間とかわりません。ただそれぞれの形やはたらきが少しずつちがっているだけなのです。
人間がほかの動物と一番ちがうところは、脳かもしれません。 人間の脳は、ものを考えるというところがかなり発達しているからです。

PAGETOP