メニュー閉じる

人間の体は何からできているの? 

人間の体は何からできているの? 

こたえ:水分やたんぱく質、脂肪(しぼう)、ミネラルなどでできています。

わたしたち人間の体をつくる成分のうち、最も多いのは水分です。年齢や性別にもよりますが、生まれたばかりの赤ちゃんは、体重の約80%、幼児は約65%、大人の男性は約60%、大人の女性では約55%が水分です1。体重が70kgの男性の場合、約42L(リットル)の水分を体の中にたくわえていることになります。

水分の次に多くふくまれる成分はたんぱく質で、大人の男性の場合は、約16%がたんぱく質だそうです2。その次に多いのが脂肪(脂質)で、約15%。これらのほかに人間の体は、岩や土にもふくまれる「ミネラル」を6%ほどふくみます。

では、これらの成分は、体の中でどのようなはたらきをしているのでしょうか。順に見ていきましょう。

まず、口から体内に入った水分は、腸(ちょう)で吸収(きゅうしゅう)された後、血液などの「体液(たいえき)」になって体の中を循環(じゅんかん)します。体液は、酸素や栄養(えいよう)分を体のすみずみまで運び、いらなくなったものを体の外へ排出したり、体温を調節したりする役割(やくわり)をもちます。

たんぱく質は、筋肉や骨、内臓(ないぞう)、皮ふ、爪(つめ)、髪(かみ)の毛などの主な材料です。体内に入ってきたたんぱく質は、小腸(しょうちょう)で「アミノ酸」に分解されて吸収されます。その後、筋肉などの材料となったり、体の機能を調整する「ホルモン」や、体内の化学反応を助ける「酵素(こうそ)」、病原体から体を守る「抗体(こうたい)」の材料になったりします。

大人になって増えすぎるときらわれがちな脂肪ですが、ほかの成分と同じように大切なはたらきをしています。まず、1gにつき約9kcal(キロカロリー)のエネルギーを放出します3。体を寒さから守るほか、ホルモンや細胞膜(さいぼうまく)の材料になる、皮下(ひか)脂肪になって内臓を守る、油に溶けやすい性質の「脂溶性(しようせい)ビタミン」を吸収しやすくする、といった役割もあります。

ミネラルの種類は114種類で、そのうち16種類が人間の体に欠かせない「必須(ひっす)ミネラル」とされていますが、カリウムやカルシウム、鉄、亜鉛(あえん)は不足しやすいので注意が必要です4。たとえばカルシウムが足りないと、丈夫(じょうぶ)な骨や歯(は)が育ちません。鉄不足は、貧血(ひんけつ)の原因の1つです。

こうした栄養素は、食事を通して体の中に取りこまれるものばかり。つまり、バランスよくいろいろな種類のものを食べることが、体づくりには重要なのです。

記事公開:2022年1月

参考資料

1)大塚製薬「水分補給 身体と水分」:https://www.otsuka.co.jp/nutraceutical/about/rehydration/water/body-fluid/

2)森永製菓『かんたん、わかる! プロテインの教科書』「人間の体はタンパク質でできている。タンパク質・アミノ酸・ペプチドの関係を解説」:https://www.morinaga.co.jp/protein/columns/detail/?id=20&category=health

3)長寿科学振興財団「三大栄養素の脂質の働きと1日の摂取量」:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/shishitsu-shibousan.html

4)ロッテ『Medi Palette』「ミネラルとは? 体に必要な理由と豊富に含まれる食べ物を種類別に紹介」:https://www.lotte.co.jp/medipalette/1080/

監修者:大山光晴

1957年東京都生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。高等学校の物理教諭、千葉県教育委員会指導主事、千葉県立長生高等学校校長等を経て、現在、秀明大学学校教師学部教授として「理数探究」や「総合的な学習の時間」の指導方法について講義・演習を担当している。科学実験教室やテレビの実験番組等への出演も多数。千葉市科学館プロジェクト・アドバイザー、日本物理教育学会常務理事、日本科学教育学会及び日本理科教育学会会員、月刊『理科の教育』編集委員等も務める。

PAGETOP