メニュー閉じる

どうしてくしゃみがでるの

どうしてくしゃみがでるの

鼻の穴(あな)は、空気を体の中にすいこむための入り口の役目をしています。 そのために、できるだけ空気が入りやすいような大きな穴が必要なのです。

しかし、空気の中には、ほこりやばい菌(ばいきん)など、いろいろなゴミがまじっています。 それをそのまますいこんでしまうと、病気の原因にもなります。 それで、空気をすいこむときには、ゴミをできるだけ少なくしてから、体の中に送りこまなければなりません。
まず、鼻の中にあるたくさんの鼻毛で、大きなゴミが入りこむのをふせいでいます。 また鼻の中の粘膜(ねんまく)も、大切な働きをしています。 ここをいつもしめらせておくことで、とても小さなゴミやほこりまでをすいとっているのです。
鼻毛と粘膜、このふたつのおかげで、かなりきれいな空気を体の中に送りこむことができます。
ところで、この小さなゴミが鼻の粘膜の中にある神経(しんけい)を刺激(しげき)することがあります。 刺激された神経は、粘膜についたゴミをふりおとして外に出そうとして、おもいきり息をはきだします。 これがくしゃみなのです。

PAGETOP