どうして声がでるの,しゃべれるの

どうして声がでるの,しゃべれるの

声は、のどのおくにある、声帯(せいたい)という膜(まく)を、息でふるわせてだしています。

声帯は、男性ののどぼとけのおくにあります。 のどぼとけのない女性でも、同じような位置(少しかたく感じるところ)にあります。 この声帯は、紙を口にあてて鳴らすのと同じように、ふるえることによって声を出します。
声帯は、ふだんはかくれていて、声を出したいときだけ、のどの中の空気の通り道に出てくるしくみになっています。 このため、ふつう口で息をするときには声がでないのです。
また、しゃべるためには、ただ音をだすだけではなく、音を、「あー」や「いー」などの言葉にしなければなりません。 声を言葉にするには、口と舌(した)が大切です。声帯のふるえを、舌や口全体でいろいろ動かすことによって言葉になるのです。 「あ・い・う・え・お」と実際に発音してみると、それぞれ口や舌の形がちがうことがわかります。
おうちの方へ
人間の声は声帯から発せられますが、この声帯をコントロールしているのはやはり脳です。 脳の運動性言語中枢というところがこれをつかさどっており、この部分が損傷を受けると、言葉を聞いて理解することはできてもしゃべることができなくなります。

PAGETOP