メニュー閉じる

どうして女が子供をうむの,どうして男は子供をうまないの

どうして女が子供をうむの,どうして男は子供をうまないの

一言で言えば、そういうふうに体ができているから、ということになります。

つまり、女の人が子供をうむのは、子供のもとになる卵(卵子・らんし)をつくるところと、子供を育てる部屋(子宮・しきゅう)を体の中にもっているからなのです。 男には、そういうところがないために、子供を産むことはできないのです。
なぜ、このように男と女の役割が分かれているかというと、それは自分たちの子孫(しそん)をのこすのにつごうがいいからなのです。 生き物は、自分たちの仲間がいつまでも続いていくように、遺伝子(いでんし)というものを子供にわたしています。 遺伝子は、親の体の特徴(とくちょう)を子供につたえる設計図のような働きをしています。 親からこの設計図をもらった子供は、親と同じ動物になります。
ところがこの遺伝子は、ひとりの親から次のひとりの子供へ、そのまま受けつがれるわけではありません。 子供は、おすから半分、めすから半分もらうようになっています。 こうして、おすとめすの遺伝子、つまり設計図をまぜあわせることで、親とはちがういろいろな特徴をもった子供ができるわけです。

PAGETOP