メニュー閉じる

どうして人間は死ぬの

どうして人間は死ぬの

人間の体は、筋肉(きんにく)、骨、内楕ないぞう)など、いろいろなものからできています。 そして、それらはまた、非常に小さな細胞(さいぼう)というものが集まってできているのです。

人間は平均すると70~80年くらい生きますが、細胞はそんなに長くは生きられません。 体の中で古くなった細胞は、死んで、おしっこなどにまじって体内から出ていきます。 そして、死んだ古い細胞のかわりに新しい細胞が生まれます。 こうして人間の細胞はいつも少しずつ新しい細胞と入れかわっているのです。
ところが、これを何度も何度もくりかえしていると、同じ細胞を作るときに失敗することがあるのです。
若いときはこのような失敗はほとんどないのですが、年をとると失敗が多くなってきます。 そうしてたくさんできた、できの悪い細胞が、体のいろいろな部分の働きを悪くします。 そして最後に死んでしまうのです。 どうして年をとると失敗が多くなるのかは、じつはまだはっきりとわかっていません。
どんな生物も、基本的にはこのような理由で死んでいきます。 いつまでも生きられる生物はいないのです。
おうちの方へ
体の大きさの割に脳の大きい動物ほど長命だといわれていますが、野生動物の寿命については、あまりくわしく研究されていないのでまだわからない部分が多いそうです。

PAGETOP