メニュー閉じる

しゃっくりが出るのはなぜ?

しゃっくりが出るのはなぜ?

こたえ:横隔膜(おうかくまく)が急激に収縮(しゅうしゅく)することで起きます

何の前ぶれもなく「ひっくひっく」と始まるしゃっくりは、止めたくても自分ではコントロールできないから困りますね。あの「ひっくひっく」という音は、どこから出てくるのでしょう。

しゃっくりの音は、喉(のど)の声門(せいもん)1という場所から出ています。肺の下にある「横隔膜」2という筋肉が痙攣(けいれん)して縮(ちぢ)むと、喉の両側にある声帯が急に閉じて空気が体内に入れなくなり、ガクンと振動(しんどう)が起きると同時に「ひっく」という音が出るのです1

しゃっくりの確かな原因は分かっていませんが、横隔膜などの呼吸に関連する筋肉をコントロールしている神経、または脳の一部が刺激(しげき)されることが関係している、と考えられています。しゃっくりが出やすいのは、食べ物を急いでたくさん食べたときや、飲み物を一気に飲んだとき、炭酸飲料を飲んだとき、熱いものや辛いものを食べたときなど。大人では、お酒をたくさん飲んだり、たばこを吸ったりするのが、しゃっくりのきっかけになる場合もあるようです。これらに共通点しているのは、速く深い呼吸などによって血液中の二酸化炭素濃度(のうど)が低下しやすいことです。

たいていのしゃっくりは数分で自然に治まるので、放っておいても大丈夫ですが、たとえ短時間でも、しゃっくりをしている人にとっては辛いもの。ですから、身近なものですぐに治せる方法を昔から試行錯誤(しこうさくご)してきたのでしょう。「こうすれば、しゃっくりは止まる」という民間療法(みんかんりょうほう)がたくさん伝わっています。たとえば「驚(おどろ)かせてもらう」や「冷たい水を一気に飲む」「頭をかたむけてコップの反対側から水を飲む」。ほかにも「少しの間だけ息を止める」「指で耳に栓(せん)をする」「舌をそっと引っぱる」などなど。どれか1つくらいは試したことがあるのではないでしょうか。こうした一時的なしゃっくりは健康な人でも起きますが、2日以上しゃっくりが続くときは病気のおそれがあるため、医師に相談した方がよいそうです2)

たとえ短時間のしゃっくりでも、そろそろ止まったかなと思うとまた「ひっく」と始まり、「一体いつまで続くんだろう」と不安になることもあるでしょう。けれども世界には、何年間もしゃっくりが止まらなかった人が何人もいます。『ギネス世界記録』に世界最長記録と認定されているのは、アメリカのチャールズ・オズボーンさんの68年間。毎分2040回の速度で68年間も出続けたそうですから、回数は約43000万回と推定されます。

 

 しゃっくりが出るのは大人も子どもも一緒。それとは少しちがう現象(げんしょう)ですが、じつは、おなかの中にいる赤ちゃんもしゃっくりをしています。胸やおなかを「ひっくひっく」と動かす赤ちゃんのしゃっくりは、長いときは30分くらい続くことも。個人差がありますが、妊娠中~後期になると、お母さんにも「ぴくっぴくっ」と一定のリズムで痙攣するのが感じられます。

 研究によると、早ければ妊娠(にんしん)から9週目でも赤ちゃんはしゃっくりをするそうです3。そんな小さいのにしゃっくりなんて、苦しくないのかなと心配になりますが、安心してください。これは生まれた後に上手に呼吸するための訓練だと考えられています。身近にもうすぐ生まれる赤ちゃんがいて、しゃっくりをしていたら、「がんばれ」と声をかけたくなりますね。

1 声門:左右の声帯(せいたい)と、それらに囲まれた空間を声門といいます。左右の声帯が声門の真ん中で接触し、そこを空気がすり抜けていくときに、声帯の粘膜(ねんまく)が振動することで声が出ます4

2 横隔膜:胸部と腹部を仕切る、ドーム状のうすい筋肉でできた膜で、呼吸のときに重要な役割を果たします。横隔膜が縮んで下に動くと、胸腔(きょうくう:ろっ骨などで囲まれた胸の中の空間)が広がって肺がふくらみ、鼻や口から空気が流れこみます。横隔膜がゆるんで上に戻ると、肺から空気が押し出されます。

記事公開:2021年10月

参考資料

1)アレックス・フリスほか/,フェデリコ・マリアーニほか/イラスト,竹内薫/訳・監修.『人体について知っておくべき100のこと』.2017.小学館

2)「しゃっくりは病気の前兆って本当? 止まらないときは病院行くべき?」『Medicalook』:

https://epark.jp/medicalook/hiccup-sick/

3)「赤ちゃんのしゃっくり、呼吸する能力の発達に寄与か 英研究」『CNN.20191114日:

https://www.cnn.co.jp/fringe/35145326.html

4)日本耳鼻咽喉科学会『「人生100年時代」を生き抜くために かすれ声を放置すると命にかかわる!?』〔健康寿命への挑戦 機能を守る耳鼻咽喉科〕:

http://www.jibika.or.jp/owned/healthy-aging/vocalization.php

監修者:大山光晴

1957年東京都生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。高等学校の物理教諭、千葉県教育委員会指導主事、千葉県立長生高等学校校長等を経て、現在、秀明大学学校教師学部教授として「理数探究」や「総合的な学習の時間」の指導方法について講義・演習を担当している。科学実験教室やテレビの実験番組等への出演も多数。千葉市科学館プロジェクト・アドバイザー、日本物理教育学会常務理事、日本科学教育学会及び日本理科教育学会会員、月刊『理科の教育』編集委員等も務める。

PAGETOP