メニュー閉じる

お風呂に入ると指がしわしわになるのは、なぜ?

お風呂に入ると指がしわしわになるのは、なぜ?

こたえ:「ぬれた物をしっかりつかむため」が、最新の説です

プールで遊んだりお風呂でのんびりしたりして長い時間水にふれていると、手や足の指先が白くしわしわになりますね。腕や足、おなかは何の変化もないのに、なぜ、指先だけがしわしわになるのでしょうか。

この現象は、皮ふの表面にある「角質層(かくしつそう)」(角層)に含まれるケラチンというたんぱく質が、水分を吸収しやすいために起きるといわれています。角質層がその下の層にしっかり付いている部分は溝(みぞ)になり、そうでない部分は水分を吸収してふくらむ結果、しわしわになります。指先だけがしわしわになる理由については、いくつかの説があります。

1つ目の説は、手のひらや足の裏の角質層がほかの部分より厚く、水分をたくさん吸収するからというもの。2つ目は、指先の皮ふの外側部分には血管や神経が通っていないため、水を吸い込みやすく、ふやけて伸(の)びてしまう、というものです。けれども不思議なことに、けがなどで指の神経が切れてしまった人は指先がしわしわにならないそうです。

そのため近年の研究では、しわしわになるのは神経の働きではないかと考えられています。これまでに、お湯につかると自律神経(じりつしんけい)の働きで指先の血管がちぢまり、表面と体積に差ができてしわしわになる、という3つ目の説などが生まれています1

そんな中、2013年に新しい説が発表されて注目を集めました。その説とは、指先だけがしわしわになるのは「水面下の物体をしっかりとつかみ取りやすくするため」というもの2。イギリスのニューカッスル大学の研究チームが実験からみちびき出しました。

実験では、複数の人に指をぬるま湯にひたして指先をしわしわにしてもらった後、ぬれた状態で容器に入っているガラス玉と魚つり用のおもりを、親指と人さし指だけを使って別の容器に移しかえてもらいました。指先がしわしわになっていない人のグループにも同じことをしてもらいます。その結果、指先がしわしわのグループは、そうでないグループに比べてはるかに速く作業できたというのです。

この仕組みは、自動車のタイヤに似ています。ぬれた路面で自動車がすべらずに走れるのは、溝(みぞ)が路面の水をかき出し、しっかりと路面をつかむから3。指先でも、水をしわの間から逃(に)がすことで、物をしっかりとつかめます。

研究チームは、指先がしわしわになるのは進化の過程で人間が獲得(かくとく)した利点だと言っています。確かに、はき物のない時代には、しめった草木や川から食料を取るのに役立ったかもしれませんし、しめった場所で走るときもすべりにくくなったでしょう。現代のわたしたちも、食器を洗うときにはすべりにくい方が安心です。

ただ、しわしわの指でかわいた物体をつかむ実験では、指先がしわしわでもかわいていても差がなかったことから、こんどは「なぜ、人間の指先はいつもしわしわではないのか?」という疑問も出てきました。これについて研究者は、指先がしわしわだと感度がにぶるなどの影響がある、と話しています。

参考資料

1)「なぜ風呂で指がシワシワに?」『朝日新聞』,2013323日:https://www.asahi.com/shimbun/nie/tamate/kiji/20130325.html

2)『水中で指がシワシワになる現象は「進化上の利点」、英研究』『AFPBB News,201319

https://www.afpbb.com/articles/-/2919831?cx_part=search

3)ブリヂストン.「タイヤの溝とウェットグリップ」:

https://www.bridgestone.co.jp/blog/2016062401.html

監修者:大山光晴

1957年東京都生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。高等学校の物理教諭、千葉県教育委員会指導主事、千葉県立長生高等学校校長等を経て、現在、秀明大学学校教師学部教授として「理数探究」や「総合的な学習の時間」の指導方法について講義・演習を担当している。科学実験教室やテレビの実験番組等への出演も多数。千葉市科学館プロジェクト・アドバイザー、日本物理教育学会常務理事、日本科学教育学会及び日本理科教育学会会員、月刊『理科の教育』編集委員等も務める。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP