メニュー閉じる

どうして人間は成長するの

どうして人間は成長するの

人の、生命としてのはじまりは、お母さんのおなかの中にある1個の細胞(さいぼう)です。 顕微鏡(けんびきょう)を使わなければ見えないほど小さな細胞、これが命のはじまりです。

この細胞は、やがてふたつに分かれ、そのふたつがまたふたつずつに分かれ‥‥というようにふえていき、体のいろいろな部分をつくりながら、成長していきます。 人間の場合は、1つの細胞から、9か月ほどで約3Kgの赤ちゃんにまで成長して、そのあとにお母さんのおなかから外に出てくるのです。 その後も体は成長を続け、およそ20年で成長は止まり、1人の完全な人間になります。
人間がこのような成長のしかたをするのは、遺伝子(いでんし)というものの中に、成長のプログラムが書きこまれているからだろうと考えられています。 遺伝子というのは、だれでも必ずもっているものですが、その大きさは電子顕微鏡(でんしけんびきょう)を使ってもよく見えないほど小さなものです。 わたしたちの体は、そのように小さな遺伝子にあるプログラムを解読(かいどく)し、生きているのです。
生き物のしくみというのは、どんな機械よりも複雑(ふくざつ)でありながら精密(せいみつ)にできた、本当にふしぎなものなのです。
おうちの方へ
すべての哺乳動物の受精卵の大きさはほとんど同じです。 ゾウの受精卵が大きくてネズミの受精卵が小さいということはありません。 ではどうしてゾウは大きくなり、ネズミは大きくならないのかという点に関しては、遺伝子が関係しているらしいという事以外まだ全く謎なのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP