メニュー閉じる

どうしてぶつけるとこぶができるの

どうしてぶつけるとこぶができるの

こぶは、ふつう頭をぶつけたときにできます。 しりもちをついても、おしりにこぶができることはありません。

何かにぶつけたとき、外に血が出なくても、体の中で血管(けっかん)がやぶれて血が流れていることがあります。 これを内出血(ないしゅっけつ)といいます。
内出血した血は、体の中ですぐにかたまるのですが、おしりのように体のやわらかいところでは、あまり外にふくらんでこないのです。 しかし、頭などかたいところをぶつけて、そこで内出血をすると、すぐ下がかたい骨(ほね)で、血のかたまりが内側へ広がることができないために、外側にふくらんでしまうのです。 これがこぶです。
こぶは頭だけでなく、すねをぶつけてもできます。 これも一種のこぶです。 下にかたい骨があるところはこぶができやすいと同時に、骨にあたるため、非常にいたいところでもあります。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP