メニュー閉じる

どうして(けがをすると)血がでるの

どうして(けがをすると)血がでるの

人間の体をつくっているもので、一番小さいものは細胞(さいぼう)です。 人間の体は非常にたくさんの細胞が集まってできています。

体の中の細胞は、酸素(さんそ)や栄養(えいよう)がないと活動することはできません。 そのような大事な酸素を体のすみずみにまで運ぶ役目をしているのが血液(けつえき)です。 血液は血管(けっかん)の中を流れますから、血管は体の中にあみの目のようにはりめぐらされていなければなりません。 血管が通っていないのは、皮膚(ひふ)の表面と毛とつめくらいのものです。 ですから、指先をちょっと切っただけでもすぐに血管が切れて血が出るのです。

PAGETOP