メニュー閉じる

どうして血は赤いの

どうして血は赤いの

人間は呼吸(こきゅう)をして生きています。 すいこんだ空気は、肺(はい)に入り、そこで酸素(さんそ)だけ取り出され、体の中に入っていきます。

人間が生きていくためには、空気の中の酸素がとても大切です。
そして、この酸素を体内に運ぶのが血液の仕事です。 血液は体の中を流れる川のようなもので、体のすみずみまでいきわたっています。 しかしこの血液すべてが赤いわけではありません。 この中で赤い色をしているのは赤血球(せっけっきゅう)とよばれるもので、その中にふくまれているヘモグロビンが赤いからなのです。 ヘモグロビンは鉄でできていて、赤い色をしています。 そしてこのヘモグロビンが、血液の仕事である、酸素を体中に運ぶという役割(やくわり)をはたしているのです。
かんたんにいうと、血が赤いのは、その中にあるヘモグロビンが赤いからということになります。
おうちの方へ
ヘモグロビンは、グロビンというタンパク質にヘムという色素が結合してできています。 厳密にいうと赤いのはこのヘムなのです。この赤さのもとは、ヘムの中の鉄原子だと考えられています。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP