メニュー閉じる

どうしてつめはのびるの

どうしてつめはのびるの

つめは、角質(かくしつ)といわれるものでできています。 角質とは、少しかたい独特(どくとく)のタンパク質のことですが、かたいといっても、骨(ほね)や歯ほどかたくはありません。

ですから、指を使っているうちに、つめはだんだんすりへってきますし、たくさん使う指ほど、つめのすりへり方がはげしいので、逆につめもどんどんのびます。
つめが一番速くのびる指は、親指で、次が人さし指、中指、薬指、そして小指の順になっています。 また、子供と大人では、子供のつめの方が速くのびます。
このつめは、根元の方で作られています。 すりへったつめの分だけ作り、それを送り出して、つめがなくならないようにしているのです。 そのためにつめがのびるのです。
つめの根元の方に、半月の形をした白いところが見えますが、これができたばかりのつめで、この半月の大きさは人によって差があります。

PAGETOP