メニュー閉じる

どうして人間はとしをとるの

どうして人間はとしをとるの

人間は、としをとると、目がよく見えなくなったり、耳が聞こえなくなったり、足が弱くなったりと、自然に体がおとろえてきます。

ところが、この「何が老化(ろうか)をひきおこす原因(げんいん)なのか」という問題は、専門家にもまだよくわかっておらず、現在これらを研究している研究者たちの、大きな研究テーマとなっています。
ある研究者グループの説の中に、「すりきれ説」というものがあります。 この説によると、人間の体の細胞(さいぼう)や、その細胞がたくさん集まっている組織(そしき)というところに、元気のもとのような働きをするものがあって、この元気のもとが、としをとるにつれて、だんだん少なくなっていくのが、としをとる原因ではないかということです。
このような考え方もありますがそれが正しいかどうかまだわかっていないのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP