メニュー閉じる

ないたときや,いたいとき,かなしいときなど,どうしてなみだがでるの

ないたときや,いたいとき,かなしいときなど,どうしてなみだがでるの

人間は、いたいとき悲しいときなどだけではなく、ほんの少しずつですが、いつもなみだをだしています。

なみだの本当の役目は、目の玉の表面を、いつもきれいにそうじすることです。なみだは目の玉の表面についたゴミを洗いおとしたり、ばい菌(ばいきん)を殺したりしています。 また、いつも目の玉の表面がかわいてしまわないようにしています。 ですから、なみだは、いつも少しずつですが、必ず流れていなければならないものなのです。 鏡で目を見てみると、目の玉がしめっているのがわかります。
ところが、なみだがでるのは、それだけではありません。 目の玉の上の方の外側に、なみだを作る涙腺(るいせん)というものがありますが、この涙腺には自律神経(じりつしんけい)という神経がきていて、脳(のう)とつながっています。 この神経に、脳から命令があると、なみだがでてくるのです。 痛いときや悲しいときになみだがでるというのは、結局、脳からの命令ということになります。
ないたときになみだがでるというのは、もちろんこの神経の命令もありますが、顔の筋肉(きんにく)がいつもとちがうのびちぢみをするために、涙腺がおされてなみだがでることもあるようです。 たとえばなき続けるほどに、なみだが止まらずにどんどんなみだがでるようなときです。
おうちの方へ
涙には細菌を溶かすリゾチームという酵素が含まれているので、殺菌作用があります。

PAGETOP