メニュー閉じる

どうして人間は動けるの,手足は動くの

どうして人間は動けるの,手足は動くの

人間の体を動かすために必要なものは、骨(ほね)と筋肉(きんにく)です。

骨というと、棒(ぼう)のような形で両はじがふくらんでいる形のものを、よくまんがなどで見かけますが、うでや足の骨は本当にあのような形をしています。 ふくらんでいるところは、関節(かんせつ)です。 ひざやひじなど、人間の体が動くところは全部この関節でできています。 この関節のふくらみにいろいろな筋肉がついて、そしてこの筋肉がのびたりちぢんだりすることで関節が動みにいろいろな筋肉がついて、そしてこの筋肉がのびたりちぢんだりすることで関節が動きます。 関節が動くから体が動くといえるのです。 体中の関節は、すべてこれとおなじしくみで動いています。
また、その筋肉ののびちぢみの運動は、脳(のう)からの命令によって行われます。 脳はどこの筋肉をどのように動かすかという命令を一瞬(いっしゅん)のうちに出しているのです。
人間が動けるのは、脳が命令しているからで、命令なしに勝手に筋肉だけが動くことはありません。

PAGETOP