メニュー閉じる

どうしてサルから人間になったの

どうしてサルから人間になったの

わたしたちが、今生きているのは、わたしたち人間の命が、親から子、子から孫、孫からひ孫というようにバトンタッチされていくからなのです。

これが何万回も何十万回もくりかえされるうちに、生き物は体の構造や形が変化していきます。 このことを「進化」といいます。 ヒトも長い時間の中で進化して現在のようなすがたになったのです。
では、なぜ、生き物は進化するのでしょう? 一言でいえば、それは遺伝子が変化するからなのです。 遺伝子は、生き物の体を作るための設計図のような働きをします。 わたしたちの体は、小さな細胞がたくさん集まってできていますが、遺伝子はその細胞の中に入っています。 遺伝子は、ちょうどコピーをとるように、同じものが作られて、親から子へと受けつがれていきます。 ところが遺伝子は、コピーをするときにミスをすることがあり、親とはちがった遺伝子が子供にわたされることがあります。 遺伝子がちがえば、親とちがった子供がうまれてくるのも当然です。
このように、遺伝子に変化が起こることによって、生き物は進化すると考えられています。 サルがヒトに進化していくときにも、何百万年もの長い間にこのような遺伝子のコピーミスが何回も起こり、その結果体の特徴が変わっていったと考えられています。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP