どうして鼻水がでるの(どこからでるの)

どうして鼻水がでるの(どこからでるの)

目には見えませんが、空気の中にはたくさんのウイルスやバクテリアという病気のもとが、飛び回っています。

このウイルスやバクテリアは、空気や食べ物といっしょに体の中に入りこんできます。つまり、口と鼻から入ってくるのです。
口から入ったウイルスやバクテリアは、のどを攻撃(こうげき)し、胃(い)を攻撃(こうげき)し、腸(ちょう)を攻撃しながら、体の中に入っていきます。 一方、鼻から入ったウイルスやバクテリアは、まず鼻を攻撃し、次に気管支(きかんし)、さらには肺(はい)と進んでいきます。 かぜをひくというのは、このウイルスやバクテリアが、体の中に入りこんで、仲間をふやし始めたようすのことをいうのです。
このウイルスやバクテリアが、鼻を攻撃し、ここで仲間をふやし始めた場合、鼻の奥にある「びくう」というところのかべの粘膜(ねんまく)が刺激(しげき)されて、鼻水のでる量がふえてきます。 鼻を何回かんでも、鼻水は止まらずでてきます。
つまり鼻水は、ウイルスとバクテリアが、鼻の粘膜を攻撃したためにでるということになります。

PAGETOP