メニュー閉じる

どうしてほくろはできるの

どうしてほくろはできるの

人間の体、つまり皮膚(ひふ)には少し色がついています。 これは、皮膚の内側にメラニンという茶色い色素(しきそ)があるからです。

このメラニンが多いと皮膚は黒っぽくなり、少ないと白っぽくなります。 つまり、色の黒い人はメラニンが多いということです。
このメラニンは、ふつう、皮膚の中に平均に広がっていますが、たまに1か所にかたまってしまうこともあります。 その黒くかたまったものが「ほくろ」です。
しかし、何が原因で1か所に集まってしまうのか、ということはまだわかっていません。
にたようなものに「そばかす」があり、遺伝(いでん)するらしいといわれていますが、これもくわしいことはまだわかっていません。 人間の体には、まだわかっていないことがたくさんあるのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP