メニュー閉じる

どうしてゆめを見るの

どうしてゆめを見るの

人間はよくゆめを見ます。 なぜゆめを見るのかというと、それは脳(のう)が働いているからなのです。

わたしたちは、夜になるとねむくなって、ねむります。 それは、1日のつかれをとるために体をゆっくりと休ませる必要があるからです。 ねている間は、体が休んでいるのですから、当然脳も休んでいるはずです。 しかし、脳のすべてが休んでしまうわけではありません。 脳のなかの一部分は、ねむっている間もおきて活動しています。 ゆめというのは、人間がねている間、おきて活動している脳が、いたずらをして作ったものらしいのです。 ときには、ゆめを見なかったという日もありますが、これは、脳が活動していなかったわけではなく、ゆめをおぼえていなかっただけなのです。 ほとんどのゆめは、朝、目がさめるまでにわすれてしまいますが、たまに覚えていることもありますから、そんなときゆめを見たと感じるわけなのです。 時間的には、目がさめる少し前の明け方、ねむりが浅くなったときに見たゆめは、覚えていることが多いようです。
また、ゆめを見るのは、人間だけではありません。 イヌやネコ、ウシやウマなど、ほとんどのほ乳類の動物は、ゆめを見るといわれています。

PAGETOP