メニュー閉じる

どうしてげっぷがでるの

どうしてげっぷがでるの

口から出る「げっぷ」も、おしりから出る「おなら」も、どちらも、体の中からでてくるもので、しかもにおいのあるところまで同じです。

音が「ぷーう」となるか、「げっぷ」となるかで、たいしたちがいはありません。じつは、げっぷもおならも、もとは、わたしたちのまわりにある空気なのです。ただし、息をすったときにすいこんだ空気がおならやげっぷになるわけではありません。
この空気は、わたしたちが、ご飯を食べているときに、食べ物といっしょにのみこんだ空気なのです。息の空気は、肺(はい)にいきますが、食べ物といっしょに入った空気は、そのまま胃(い)や腸(ちょう)にいきます。そして、胃に入った空気が、逆もどりして口からでたのが「げっぷ」。胃を通りすぎて、腸内で発生したガスといっしょになっておしりからでるのが「おなら」です。

PAGETOP