メニュー閉じる

人間にはどうしてしっぽがないの

人間にはどうしてしっぽがないの

たしかに、この世に生まれた人間には、しっぽはみられませんが、じつは、妊娠(にんしん)2か月くらいまでのお母さんのおなかの中の赤ちゃんには、ちゃんと「しっぽ」がついているのです。

このしっぽは、人類がだんだんと進化して姿をかえてきたという証拠(しょうこ)なのです。
この「しっぽ」は、妊娠2か月くらいをさかいにしてこわれてなくなり、何個かの「しっぽ」のなごりのような骨だけが残るのです。この骨のことを「尾骨(びこつ)」といいます。よく「びてい骨」といっているのは、ここのことで、人間なら、だれでも持っているおしりの骨です。
サルには、しっぽが残っているのに、人間はなくなってしまいましたが、なぜなくなったのか、この理由はまだよくわかっていないのです。
おうちの方へ
人だけでなく、チンパンジーやオランウータンなど尾がないサルもいます。これらはサルの中でもかなり人間に近いサルです。

PAGETOP