メニュー閉じる

つばはどこからでるの,どうしてでるの

つばはどこからでるの,どうしてでるの

つばは「だえき腺(せん)」というところからでています。だえき腺は、口の中の耳の下、あごの上、舌(した)の下にあって、つばのほとんどはここからでています。

そのほかに、ほっぺたの内側にも小さいだえき腺がたくさんあり、ここからもでています。つまり、つばは1か所からでるのではなくて、口の中のいろいろなところからでているのです。
つばにはたくさんの役目があります。まず食べた物をしめらせ、やわらかくしてのみこみやすいようにします。つばの中の酵素(こうそ)が食べ物を消化し、栄養(えいよう)を体に取り入れやすくする手助けをしているのです。また、つばには食べ物についているばい菌(きん)を殺すという働きもありますし、口の中にいつも湿り気(しめりけ)をあたえて、かわかないようにもしているのです。口の中がからからにかわいてしまうと、うまく話すこともできません。
このようにつばにはいろいろな働きがあるのです。

PAGETOP