メニュー閉じる

なくとどうして目が赤くなったり鼻水がでるの

なくとどうして目が赤くなったり鼻水がでるの

まず、鼻水がでるしくみを説明しましょう。人間の目と鼻は、細い管(くだ)でつながっています。

そのために、ないたりしてなみだがでると、なみだはこの管を通って鼻の中に流れこんでくるのです。ないたときにでる鼻水の正体は、ほとんどが目から流れこんできたなみだなのです。
ないたときのなみだは非常に量も多くなります。したがって、鼻の中にも大量に流れこんできますが、そこだけではまにあわず、あふれたものが目からこぼれ落ちていくというわけです。
では、次にどうして目が赤くなるかということですが、目が赤くなるのは、目の白いところにある細い血管(けっかん)にたくさんの血が流れこむからです。つまり、赤いのは血の色というわけなのです。
なぜなくと目の血管にたくさん血が流れこむのかは、じつは、これは非常にむずかしい問題で、完全にはまだわかっていません。ないたときというのは、人間の神経(しんけい)がとても興奮(こうふん)しています。神経が興奮すると、血がたくさん流れるらしいのですが、これも本当のところはまだはっきりわかっていないことなのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP