メニュー閉じる

どうして人間は顔などみんなちがうの

どうして人間は顔などみんなちがうの

おそらくこの質問の意味は、ゾウやシマウマやサルなど同じ動物どうしでは区別がつかないほどそっくりなのに、なぜ人間だけが、このようにいろいろな顔をしているのかということでしょう。

おそらくこの質問の意味は、ゾウやシマウマやサルなど同じ動物どうしでは区別がつかないほどそっくりなのに、なぜ人間だけが、このようにいろいろな顔をしているのかということでしょう。
これは、人間どうしだから、顔やかみなど、いろいろなちがいがよくわかるのです。顔を見て好ききらいを感じるのは、人間どうしおたがいに非常に興味(きょうみ)が強いからなのです。
動物でも毎日いっしょにいると顔のちがいが一目でわかるようになるといわれています。動物園の飼育係(しいくがかり)がたくさんのサルの名前がすぐにわかるのは、こんな理由からなのです。またこれは、サルにかぎらず、ほかの動物についてもいえることです。
人間の顔はみんなちがうといいますが、たとえば目、耳、柊口などは、ほとんど同じ物が、ほとんど同じところについています。ですから、生物学的に見れば人間の顔や体はほとんどかわらないといえます。
ひとりひとりが絶対にちがっているところは、細胞(さいぼう)の中にある遺伝子(いでんし)というものです。遺伝子というのはその人をつくる設計図のようなものです。人間の顔がみんなちがうのは、同じ遺伝子をもった人がいないからなのです。そして、親子や兄弟の顔がにているのは、親から子へ遺伝子がつたえられたため、まったく同じではないにしろ、にたような遺伝子をもっているからなのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP