メニュー閉じる

どうして(としをとると)はげるの

どうして(としをとると)はげるの

かみの毛は、頭の皮膚(ひふ)の中にある、毛根(もうこん)というところでつくられています。年をとると、この毛根が死んでしまうために、毛がつくられなくなるのです。

頭だけではなく、体に生えている毛も、ぜんぶ毛の根元にある毛根でつくられています。たとえ、毛がぬけてしまっても、毛根が生きていれば、すぐ新しい毛が生えてくるようになっているわけです。ところが毛根をつくっている細胞(さいぼう)が死んでしまうと、毛はもう二度と生えてきません。しかし、なぜ、その細胞が死んでしまうのかについては、まだよくわかっていません。
としをとってからはげるのは、頭の皮膚にやわらかさがたりなくなり、皮膚が血管(けっかん)をおしつぶしてしまうために、酸素(さんそ)や栄養(えいよう)がいきわたらなくなるからだといわれていますが、これもまだはっきりとはわかっていないことなのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP