メニュー閉じる

どうして鼻くそはできるの

どうして鼻くそはできるの

鼻くその正体は、ごみのかたまりです。わたしたちが毎日すいこんでいる空気には、いろいろなごみがまじっています。

体には、このごみが入らないようにいろいろくふうがしてあります。そのひとつが鼻毛というわけです。
鼻の入り口に毛を生やしておいて、大きなごみを、まずこの毛でひっかけて、それより小さなものは、鼻の中を粘液(ねんえき)でしめらせておいて、ここにくっつけるという方法をとっています。このようにして鼻の中についたごみがかたまったものが、鼻くそなのです。
このようなわけで、空気がよごれているところに住んでいる人のほうが鼻くそがたまりやすいといえます。また、鼻毛も長いかもしれません。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP