なぜ鼻血がでるの

なぜ鼻血がでるの

鼻血がでるというのは、鼻の中にある血管(けっかん)がやぶれて血がでてくることをいいます。

鼻の中は、粘膜(ねんまく)といううすい皮でおおわれていて、ここにある血管は、非常に細くて切れやすいものです。そのなかでも、とくに切れやすい血管が鼻のあなを入ってすぐのところにあります。
鼻くそをほじったりして、鼻のあなに指を入れたりすると、そのときに、ちょうどつめがあたるあたりにその弱い部分があります。したがって、そこをつめでひっかいてきずをつけてしまうと、すぐに血管が切れて、血が出てくるというわけなのです。つめでひっかくだけではなく、鼻を強くぶつけたりしても鼻血はでてきます。これもぶつけたことで、鼻の中の血管がやぶけて血がでてくるわけです。

PAGETOP