メニュー閉じる

どうして大人になるとひげが生えるの

どうして大人になるとひげが生えるの

男の人は、大人になるとひげがはえてきます。しかし、大人になるときは、ひげが生えるだけではなく、わき毛や、すね毛や、胸毛(むなげ)など、今まで細いうぶ毛だった毛が、太く、長くなります。

このほかにも大人になることによって、いろいろな変化がおこります。たとえば、体に筋肉(きんにく)がついて、骨(ほね)も太くなります。また、肩幅(かたはば)が広くなりますし、声変わりもそのひとつです。
これは、すべて「性ホルモン」というものが原因(げんいん)です。子供から大人になるとき、この性ホルモンが、急に増加します。この性ホルモンの働きで、ひげが生えたりするわけです。この、男の人を男らしくする性ホルモンは、男性ホルモンとよばれています。
同じように、女の人を女らしくするホルモンも、もちろんあります。これは女性ホルモンとよばれています。
女の人のおっぱいがふくらんだり、骨盤(こつばん)が発達したり、体全体が丸みをおびてくるのは、ぜんぶ女性ホルモンの働きなのです。
小学校の高学年から中学生くらいになると、男は男性ホルモンが、女は女性ホルモンが分泌(ぶんぴつ)され始めます。そのために、だんだん体つきが男らしくなったり、女らしくなったりと変化していくのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP