どうして日焼けするの,日焼けすると皮がむけるの

どうして日焼けするの,日焼けすると皮がむけるの

皮膚(ひふ)の中には、太陽の光をさえぎってサングラスのような役目をする、黒い色のつぶがあります。日に当たると、このつぶがたくさんでてきて皮膚が黒くなります。これを日焼けといっているのです。

もともと太陽の光には、体にいいものと悪いものがふくまれています。紫外線(しがいせん)とよばれる光には、体に悪いものもあるので、この紫外線が体に入りすぎないようにメラニンという黒い色のつぶが、紫外線をすいとってしまうのです。このつぶは強い太陽の光に当たるとふえ、光が弱いと少なくなります。
海水浴に行って真っ黒になるのは、光の中の紫外線が大量に体に当たり、体の表面にメラニンのつぶがたくさん増えたからなのです。
しかし、皮がむけるのは、皮膚の色が黒くなることとは関係がありません。皮がむけるのは、太陽の熱が体に当たり、皮膚の細胞(さいぼう)をかわかしてしまうからです。こうなると、皮膚の中の細胞が、からからにかわいて死んでしまうために、皮がはがれてくるというわけなのです。これはやけどをしたときと同じ状態ですから、体はあまり焼きすぎないほうが、健康にはいいようです。

PAGETOP